看護教員の募集求人を紹介します!

header
 
caution
看護教員の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、看護教員の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、看護教員の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは看護教員の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「看護教員で働きたい!」「看護教員の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

看護教員の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 看護教員の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して看護教員の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 看護教員求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つの転職サイトに登録するのがオススメ

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 看護教員の条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは看護教員の求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


看護教員の募集を行っている学校は多くあります。看護教員の職を探しているという看護師の中でも、見落としがちな部分があります。それは、看護教員として働く上で得られる収入についてなんですね。給料というのは、それぞれの学校ごとに規定があります。非常勤講師として働く場合、時間給となる場合が多いのですが、基本的には月給で支給されることになります。
その給与体系についても、かなり細かい規定が設けられていることがあるんですね。例えば、大学では号俸表というものがあり、あらかじめ基本給が決まっています。これに、交通費・家族手当・資格手当などが加算され、月給が決まるということになります。

学生に対し、看護教員として看護知識や技術を教えていく事が仕事となるのですが、それ以外にも様々な仕事があるんですよ。学生が受験するための段取りや、受験申し込み、資格取得後の進路指導など、これらも看護教員の仕事となります。また、実習の実務研修などがありますよね。この研修についても、実習を引き受けてくれる医療機関に依頼したり、折衝したりします。
このような事が基本給に含まれている場合と、特別手当として支給される場合があるんですね。ですので、給与体系については、しっかりと確認しておくことが大切になりますよ。


看護教員として仕事をするためには、まず学校側に選ばれなくてはなりませんよね。募集要項を見ると、あまり難しい内容は記載されておらず、もしかすると応募してみたら看護教員になれるかもしれない!と感じる看護師もいるかもしれません。ですが、実はかなり細かい採用条件があり、それをクリアすることはとても大変だとされているんです。
看護教員を目指す看護師は多く、競争率も高くなっています。そのため、その中から選ばれるということは、やはり簡単ではありませんよね。そんな細かい条件があるならば、記載しておいて欲しいと感じるかもしれませんが、あまり細かく記載すると、今度は「面倒だな」と思われ応募者が減ってしまいます。学校側としては幅広い人材を集めたいという希望があるため、多くの応募者の中から優秀な人材を選びたいと考えているんですね。

教員募集は、公募という形がとられます。書類などを提出した後、面接試験へと進みます。ここでは学歴や人柄、看護師としてどのようなことを専門としてきたのか、コミュニケーション能力はあるのか、健康状態はどうか、等様々なことが確認されます。看護教員の採用試験を何度も受験しているにも関わらず、内定をもらうことが出来ないという看護師の場合、このような基準に欠ける部分があるということなんですね。
何度も受験しているという看護師は、一度自分を見つめ直し、何が欠けているのかという点を研究してみるといいかもしれません。


看護教員の募集の多くは、公募という形で行われています。この公募は、広く様々な人からの応募を受け付けて、その中から最も優秀な人材を採用するというものになります。特に、看護大学や短大では、公募での教員採用が一般的となっていますよ。ですが、すでに採用該当者が居るにも関わらず、形式上公募の形をとっているというケースも、中にはあるんですね。看護教員として働く場合、看護師としてのスキルがあれば良いという単純なものでは無いんです。
教員として学生に指導・教育するというスキルや、知識の豊富さといったものも求められる事になります。高校の看護科以外では、教員としての客観的な資格が必要ではありませんので、採用側としても様々な分野の人材を募集し、その中から採用するという形をとることが多くなっています。

看護教員の職というのは、決して多くはないんですね。看護師を育成する仕事としてとても重要な存在ですが、実際に看護学校の数自体が多いわけでは無いんです。看護師不足となっている理由の一つとして、看護学校の少なさが挙げられるほどなんですよ。教育の現場で医療を支えていく看護教員は、必要とされている職です。
看護教員自身も経験を積まなくてはなりませんので、新しい看護教員を募集するという学校は多くないんですね。簡単になれる職ではないのですが、チャレンジする甲斐は十分にありますよ。


看護教員として働く場合には、必ず看護教員としての採用試験を受けることになります。この時、同じように採用試験に挑んだ人の中に、看護教員の経験者が居た場合には、未経験者が採用される確立というのはどうしても低くなってしまいます。ですが、その看護学校の卒業生であり、将来的に看護教員として優秀な教員になるかもしれないと見込まれた場合、採用される可能性がありますよ。
未経験者が実際に教員として学生に対して指導をするためには、やはり経験が必要となります。未経験者は不利とも言えますが、教員となり学生に指導していく意気込みがあり、ポテンシャルが高いということを上手くアピールできれば、採用される確立は高くなります。

医療機関は今後増えていくことが予想されます。そうなると、多くの医療従事者が必要となりますよね。つまりそれだけ看護師の需要が増え、看護師を育成する教員の需要も増えることになります。看護学生に指導する際には、ただ教えるというだけではなく、個人としても魅力がある教員でなくてはなりませんよね。
教員になるためのマニュアルを覚え、その通りに採用試験に挑むよりも、個性があり人間的な魅力を持った人の方が、採用されやすいと言えます。もちろん、社会人としてのマナーや、看護師としてのスキルなども併せ持っている事が大切ですよ。

 
看護教員の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの看護教員 転職サイトを見る

 

看護教員の一日のスケジュール

wyuehgtyue

とある看護教員の一日のスケジュールを見せて頂きました。
実習期間中のスケジュールとなっており、
受け持ちは基礎看護技術となります。

○8時半 出勤
○9時 ミーティング(生徒の時間割・教員の予定などを調整)
○9時半 実習先の病院へ
○9時45分 実習先の病院にて生徒の出席確認、病院の実習指導担当者と情報交換
○11時 授業の準備
○12時 昼休み

○13時~14時 授業
1コマの授業となるため、他の教員の授業補助、翌日の授業の準備、事務作業などを行う
○17時 生徒の相談対応・進路・成績などの面談
○18時 退勤

 

気になるのは、このようなスケジュールで働く看護教員が
どのように感じているのかという事ですよね。

実際にこのスケジュールで働く看護教員は、大変な仕事であり、
授業の準備などにも想像以上の時間がかかってしまうと感じているようです。

 

実際に看護学校に通う生徒は、年齢層も幅広く、
中にはこどもが居たり家庭があったりする学生も居ます。

そのような方の成績相談や進路相談が、
時には家庭内の話やこどもの話になってしまうことも。

 

スケジュールを見る限りでは余裕があるようにも思えるのですが、
実際はそんなことはないんですね。

 

 

看護教員の勤務時間と残業

cghbjnk

看護学校の教員が実際どのくらいの時間勤務しているのか
という事について、興味があるという方も多いのではないでしょうか。

そこで、実際の求人情報を見ながら、
その辺りを確認していきたいと思います。

 

まず、宮城県仙台市にある看護専門学校の
看護専任教員の募集要項を見てみましょう。
こちらの場合、勤務時間は朝8時半~夕方5時までとなっています。

東京都墨田区にある看護専門学校の場合には、
朝8時半~夕方4時半、朝9時半~夕方5時半、昼2時~夜9時半というように、
学生のカリキュラムによって変更になるようです。

 

実は、学生のカリキュラムによってというのは、
講義を行う際だけではなく、
臨床実習の指導に行く都合もあるからなんですね。

同じ教員でも、講義をメインとするのか、
実習指導をメインとするのかによっても、
勤務時間に違いがあるということなんです。

 

看護学校の教員には、残業はあるのでしょうか。
求人情報を見てみると、「残業はほぼありません」「残業は1時間程度です」
というような記載が多く見られます。

では、残業はあまり無いということかな?と思う方も多いかもしれませんが、
実際には残業ではない残業という場合が多くあるんですよ。

 

基本的に看護教員は、定時になれば退社してもいいんですね。
ですが、時間内に全ての仕事が終わるのかというと、そうではないんです。

例えば、テストの添削や作成、実習記録のチェックなどというものは、
丁寧に行わなくてはならないために、時間がかかってしまいますよね。

 

多くの教員はこれらを持ち帰って行っていることが多いんです。
表面上の残業はないけれど、仕事が多く時間内には終われないために、
自宅で残業というような形になることが多いんです。

 

 

看護教員養成研修の種類【2】

mfiwuth

看護師として働きながら看護教員養成研修を
受講したいという方には、通信教育が人気となっています。

実際に通信教育で看護教員養成研修を実施している人間総合科学大学の、
看護教員養成コースを見てみましょう。

 

こちらの看護教員養成研修では、3年次に編入し、
厚生労働省が指定する看護教員養成プログラムである
36単位を履修するものです。

このプログラムを履修すれば、学士号(大学卒業資格)も取得出来ますよ。

 

基本的には通信教育なのですが、年間に30日間のスクーリングがあります。
履修内容は、一部自分の都合などに合わせて変更することも出来ますよ。
受験費用が1万円で、学費は初年度に65万円程度かかります。

では最後に、各都道府県で行われている
看護教員養成講座について見てみましょう。

 

東京都福祉保健財団で行われている看護教員養成研修の内容です。
まず、選考費用が8千円、受講料が約26万円となります。

研修は11ヶ月間行われ、この期間は働きに出ることは難しくなりますので、
仕事と両立させるのは困難です。

 

研修は月~金曜日まで、朝9時~夕方4時半までのカリキュラムが組まれています。

研修センターで研修を受ける事になるため、
学生として勉強しているというよりも、
研修を受けているというイメージが強くなりますね。

 

 

看護教員養成研修の種類【1】

nfuweyt

看護教員になるために必要となる看護教員養成研修には、
様々な種類があるんです。

・大学に通い看護教員養成研修を受講する
・通信教育で看護教員養成研修を受講する
・各都道府県の看護教員養成研修を受講する

この3つの方法が代表的な方法です。
これらの種類によって、受講費用などにも違いがあるんですね。

 

研修に通うのか、通信なのか、場所は学校なのかセンターなのか、
費用はどのくらいか等、3種類の方法についてどのような感じであるかを、
2記事に分けて見ていきましょう。

まず、大学に通い看護教員養成研修を受ける場合を見てみましょう。
群馬県にある群馬県立県民健康科学大学で実施されている、
看護教員養成課程の研修内容です。

 

入試は無料、授業料は群馬県内の方であれば20万円、
県外の方であれば22万円となっています。

授業は11ヶ月間行われ、34単位、855時間の講義を受けなくてはなりません。

 

取得した結果を学長に報告し、学長より修了証が交付されることになります。
大学に通って学習していくことになるため、勉強に集中できてよかったという方や、
学生時代に戻った気持ちで勉強に専念できたという方も多くおられるのが特徴です。

やはり実際にキャンパスに通って学ぶというのは、
学ぶ意識を高める事が出来ますよね。

 

 

看護教員になるための資格【看護専門学校・高校の看護科】

fyghbjnkl

看護専門学校では、教員は看護専任教員と呼ばれるんです。
この看護専任教員となるには、いくつかの資格が必要です。

・5年以上の経験 ・看護教員養成課程を修了している
・専門領域のうち1つの業務に3年以上従事している
・大学で教育に関する科目を4単位以上履修

このようなことが必要となるんですね。

 

これらの資格を満たしていれば、求人に応募することが出来る様になります。
もともと看護教員養成課程には、5年以上の経験が必要となってきます。

看護教員養成課程を修了しているということは、
5年以上の経験があることになりますよね。

 

看護師を養成していく学校の中で、
免許が必要となるのが高校の看護科の教員です。

必要となる免許は、高等学校教諭一種免許状(看護)という教員免許です。
この教員免許を取得することが出来る大学は、とても限られているんですね。

 

もし、高等学校の看護科の教員になりたいという場合には、
この高等学校教諭一種免許状(看護)を取得することが出来る大学に
通わなくてはなりません。

教員となるにはもちろん経験も必要となりますよね。
最低でも5年以上の経験というのは、やはり必要になってきますよ。

 

 

看護教員になるための資格【看護大学・短大】

wuierhi

看護教員として働くためには、資格が必要となる場合もあります。
看護教員といっても、

・看護大学や看護短大の教員になる場合
・看護専門学校の教員になる場合
・高校の看護科の教員になる場合

この3パターンがありますよね。

 

これらの3つのパターンで、それぞれ必要になってくる資格が異なるんです。
明確な資格が必要になる場合と、
資格自体があれば良い程度の場合があるんですね。

この3パターンで必要となる資格について、
2記事に渡りご紹介していこうと思います。

 

看護大学や看護短大の教員となるためには、
特に必要な資格があるわけではありません。

ですが、教員となるには以下の事が必要になります。

・5年以上の経験があること
・専門分野での研究成果の発表履歴があること
・修士や博士といった学位があること 

このような事が必要なんですね。
ただ、看護大学の場合には、修士・博士ではなく、
学士でも可能である場合もありますよ。

実は、看護教員の場合、大卒の看護師という存在が少なかったために、
学士でも可能ということが多いんです。

 

ですが、将来的には看護大学を卒業している看護師も多くなってきます。

この傾向が続けば、学士ではなく修士や博士といった学位が
必要となる可能性もありますので、
その点は注意してみておく必要がありそうです。

 

 

看護教員の募集はどこにあるの?【看護専門学校・高校の看護科】

fijsuihfr

看護専門学校の教員となるには、現場での経験だけではなく、
看護教員養成研修を履修することが必要になります。

履修後に看護専門学校の教員の仕事を探す場合には、
看護師専門の転職サイトがオススメです。

 

ですが、看護専門学校の場合、先に教員となる人を選んでから、
学校側が費用を負担し研修を受けてもらうという場合もありますよ。

研修を受けるためには、費用もかかってきますので、
先に教員の職探しを行うというのもオススメです。

 

その場合でも、看護師専門の転職サイトで相談することによって、
募集の情報や、事前に研修を受けたほうがいいか
ということなどを教えてもらうことが出来ますよ。

公立高校の看護科の教員になるためには、
該当する地方自治体の採用試験を受けなくてはなりません。

 

地方自治体にて募集あ行われていますので、
まずは地方自治体に問い合わせてみるというのが確実な方法です。

臨時教員などであれば、広報で募集がありますので、
広報を確認しておくのもいいですね。

 

私立高校の看護科の先生になるためには、看護専門学校と同じように、
転職サイトを利用することによって求人が探しやすくなります。
高校の看護教師となるには、教員免許も必要となってくるため、
採用もあり比較的人材不足なんですね。

 

ですので、求人情報さえ入手できれば、
採用はされやすいと言えるかもしれません。

 

 

看護教員の募集はどこにあるの?【看護大学】

iwsuehuif

看護教員になりたい!という方は、
いったいどこで看護教員の募集があるのか、
気になっている方が多いと思います。

求人情報誌などを見てみても、
看護教員の募集というのはなかなかありませんよね。

 

実は、数多くの方が見る事ができるような場所では、
看護教員のように特殊な職業の募集は行われない事が多いんですね。

求人情報誌などであれば、
求人情報を掲載するだけで費用がかかってしまいますよね。

 

看護教員のように、免許や資格が必要となる職業の場合には、
もっと該当者に絞って閲覧してもらえるような場所で
募集を行う事が多いんですよ。

看護教員の場合、勤務する学校の種類によって、
必要となる条件が異なるんです。

 

看護大学などでは、研究に熱心で、修士・博士といった学位がある人、
看護教員として働きたいという人が対象となります。

そのような場合には、大学院の研究室などに在籍している人に対して
声掛けを行うという方法が主流になるんですね。

 

ですが、大学の場合には、公平性や透明性といったものも必要となりますので、
公募という形をとることもあるんですよ。

ネットなどを見てみると、公募の情報を入手することが可能です。

 

「研究者人材データーベース」などで、
看護大学の教員募集などを見てみると、
看護大学の公募を探す事が出来ます。

 

 

看護教員の残業の本音を暴露!

看護教員は定時勤務できますか?

genge
看護教員とは、比較的地位が
安定している
ということで知られています。

通常の看護師の場合には
その職務が日勤もあれば夜勤もあります。

 

更には体力もかなり
消耗することがあるということで
非常に苦労する形になります。

看護教員の場合には、募集時に示される通り、
安定して定時での勤務ができるのが基本
なので、
それを前提とした給与体系になっています。

 

看護師の場合には残業をするのは普通のことで、
毎回残らされて毎月かなりの手当てが
給料に反映されている、という状況に
遭遇することも珍しくはありません。

 
 
 

残業手当はつかないの?

しかし教員の場合にはあくまで
学校の教師と同じように、
部活で残っても給料が出ないような形で
手当てが受け取れない
という状況になっています。

看護の学校の場合には小学校などに比べて
部活動などまずありませんから、そういう意味では
手当てがなくともそれにより疲労する場面は
少ないというメリットがあります。

 

ただし、大学で勤務する場合には
さらに高い地位を目指すために
研究作業をやらなければならないケースがあり、

この場合には時間外での仕事量が増えつつ
手当てが貰えないという状況に陥ることになります。

 

もちろん民間の看護学校なら
手当てがでることもあるので、
そのあたりはケースバイケースになります。

いずれにしても基本は
出ないものと思った方が良いでしょう。

 
 
 

残業は授業の準備が大半

okendjga
看護教員が残業する場合、
翌日の授業の準備などがその大半を占めます。

まったく看護のことがわからない、
現場経験のない学生に授業を行うわけですから、
その授業はわかりやすいものでなければなりません。

 

そのため、絵や資料などをそろえ、
生徒にイメージしてもらいやすい授業をするために、
時間外に働く
ということになります。

もちろん、その内容は人次第で、
やってもやらなくても自由です。

 

ですが、国家資格を生徒たちに取らせてあげたい
という熱い気持ちをもった看護教員は、
そのような努力を怠りません。

 
 
 

残業は本人の裁量

そして、国家資格をとった生徒が、求人募集に応募し、
就職が決まると、教員もまた同じように嬉しくなるもので、
この仕事にはそういったやりがいがあります。

また、国家試験の日が近づいてくると、
補習などがある場合もあります。

 

それにより、他の授業の準備が遅れ、残業を行い、
雑務や明日の授業の準備などを行う
ことになります。

補習は決して、毎日というわけではありませんが、
個別に教員を訪ねてくる生徒もいるため、
その時期は教員全員が忙しくなる可能性があります。

 

遅くまで仕事をするかしないかは、
本人の裁量に任せられている
部分もありますが、
生徒のために率先して、
遅くまで仕事をする教員が多いという背景があります。