Archive for the Category 仕事の中身

 
 

看護教員の一日のスケジュール

wyuehgtyue

とある看護教員の一日のスケジュールを見せて頂きました。
実習期間中のスケジュールとなっており、
受け持ちは基礎看護技術となります。

○8時半 出勤
○9時 ミーティング(生徒の時間割・教員の予定などを調整)
○9時半 実習先の病院へ
○9時45分 実習先の病院にて生徒の出席確認、病院の実習指導担当者と情報交換
○11時 授業の準備
○12時 昼休み

○13時~14時 授業
1コマの授業となるため、他の教員の授業補助、翌日の授業の準備、事務作業などを行う
○17時 生徒の相談対応・進路・成績などの面談
○18時 退勤

 

気になるのは、このようなスケジュールで働く看護教員が
どのように感じているのかという事ですよね。

実際にこのスケジュールで働く看護教員は、大変な仕事であり、
授業の準備などにも想像以上の時間がかかってしまうと感じているようです。

 

実際に看護学校に通う生徒は、年齢層も幅広く、
中にはこどもが居たり家庭があったりする学生も居ます。

そのような方の成績相談や進路相談が、
時には家庭内の話やこどもの話になってしまうことも。

 

スケジュールを見る限りでは余裕があるようにも思えるのですが、
実際はそんなことはないんですね。

 

 

看護教員の勤務時間と残業

cghbjnk

看護学校の教員が実際どのくらいの時間勤務しているのか
という事について、興味があるという方も多いのではないでしょうか。

そこで、実際の求人情報を見ながら、
その辺りを確認していきたいと思います。

 

まず、宮城県仙台市にある看護専門学校の
看護専任教員の募集要項を見てみましょう。
こちらの場合、勤務時間は朝8時半~夕方5時までとなっています。

東京都墨田区にある看護専門学校の場合には、
朝8時半~夕方4時半、朝9時半~夕方5時半、昼2時~夜9時半というように、
学生のカリキュラムによって変更になるようです。

 

実は、学生のカリキュラムによってというのは、
講義を行う際だけではなく、
臨床実習の指導に行く都合もあるからなんですね。

同じ教員でも、講義をメインとするのか、
実習指導をメインとするのかによっても、
勤務時間に違いがあるということなんです。

 

看護学校の教員には、残業はあるのでしょうか。
求人情報を見てみると、「残業はほぼありません」「残業は1時間程度です」
というような記載が多く見られます。

では、残業はあまり無いということかな?と思う方も多いかもしれませんが、
実際には残業ではない残業という場合が多くあるんですよ。

 

基本的に看護教員は、定時になれば退社してもいいんですね。
ですが、時間内に全ての仕事が終わるのかというと、そうではないんです。

例えば、テストの添削や作成、実習記録のチェックなどというものは、
丁寧に行わなくてはならないために、時間がかかってしまいますよね。

 

多くの教員はこれらを持ち帰って行っていることが多いんです。
表面上の残業はないけれど、仕事が多く時間内には終われないために、
自宅で残業というような形になることが多いんです。

 

 

看護教員の残業の本音を暴露!

看護教員は定時勤務できますか?

genge
看護教員とは、比較的地位が
安定している
ということで知られています。

通常の看護師の場合には
その職務が日勤もあれば夜勤もあります。

 

更には体力もかなり
消耗することがあるということで
非常に苦労する形になります。

看護教員の場合には、募集時に示される通り、
安定して定時での勤務ができるのが基本
なので、
それを前提とした給与体系になっています。

 

看護師の場合には残業をするのは普通のことで、
毎回残らされて毎月かなりの手当てが
給料に反映されている、という状況に
遭遇することも珍しくはありません。

 
 
 

残業手当はつかないの?

しかし教員の場合にはあくまで
学校の教師と同じように、
部活で残っても給料が出ないような形で
手当てが受け取れない
という状況になっています。

看護の学校の場合には小学校などに比べて
部活動などまずありませんから、そういう意味では
手当てがなくともそれにより疲労する場面は
少ないというメリットがあります。

 

ただし、大学で勤務する場合には
さらに高い地位を目指すために
研究作業をやらなければならないケースがあり、

この場合には時間外での仕事量が増えつつ
手当てが貰えないという状況に陥ることになります。

 

もちろん民間の看護学校なら
手当てがでることもあるので、
そのあたりはケースバイケースになります。

いずれにしても基本は
出ないものと思った方が良いでしょう。

 
 
 

残業は授業の準備が大半

okendjga
看護教員が残業する場合、
翌日の授業の準備などがその大半を占めます。

まったく看護のことがわからない、
現場経験のない学生に授業を行うわけですから、
その授業はわかりやすいものでなければなりません。

 

そのため、絵や資料などをそろえ、
生徒にイメージしてもらいやすい授業をするために、
時間外に働く
ということになります。

もちろん、その内容は人次第で、
やってもやらなくても自由です。

 

ですが、国家資格を生徒たちに取らせてあげたい
という熱い気持ちをもった看護教員は、
そのような努力を怠りません。

 
 
 

残業は本人の裁量

そして、国家資格をとった生徒が、求人募集に応募し、
就職が決まると、教員もまた同じように嬉しくなるもので、
この仕事にはそういったやりがいがあります。

また、国家試験の日が近づいてくると、
補習などがある場合もあります。

 

それにより、他の授業の準備が遅れ、残業を行い、
雑務や明日の授業の準備などを行う
ことになります。

補習は決して、毎日というわけではありませんが、
個別に教員を訪ねてくる生徒もいるため、
その時期は教員全員が忙しくなる可能性があります。

 

遅くまで仕事をするかしないかは、
本人の裁量に任せられている
部分もありますが、
生徒のために率先して、
遅くまで仕事をする教員が多いという背景があります。