看護教員になるための資格【看護専門学校・高校の看護科】

fyghbjnkl

看護専門学校では、教員は看護専任教員と呼ばれるんです。
この看護専任教員となるには、いくつかの資格が必要です。

・5年以上の経験 ・看護教員養成課程を修了している
・専門領域のうち1つの業務に3年以上従事している
・大学で教育に関する科目を4単位以上履修

このようなことが必要となるんですね。

 

これらの資格を満たしていれば、求人に応募することが出来る様になります。
もともと看護教員養成課程には、5年以上の経験が必要となってきます。

看護教員養成課程を修了しているということは、
5年以上の経験があることになりますよね。

 

看護師を養成していく学校の中で、
免許が必要となるのが高校の看護科の教員です。

必要となる免許は、高等学校教諭一種免許状(看護)という教員免許です。
この教員免許を取得することが出来る大学は、とても限られているんですね。

 

もし、高等学校の看護科の教員になりたいという場合には、
この高等学校教諭一種免許状(看護)を取得することが出来る大学に
通わなくてはなりません。

教員となるにはもちろん経験も必要となりますよね。
最低でも5年以上の経験というのは、やはり必要になってきますよ。

 

 


Tags: ,

 
 
 

コメントは受け付けていません。