看護教員の一日のスケジュール

wyuehgtyue

とある看護教員の一日のスケジュールを見せて頂きました。
実習期間中のスケジュールとなっており、
受け持ちは基礎看護技術となります。

○8時半 出勤
○9時 ミーティング(生徒の時間割・教員の予定などを調整)
○9時半 実習先の病院へ
○9時45分 実習先の病院にて生徒の出席確認、病院の実習指導担当者と情報交換
○11時 授業の準備
○12時 昼休み

○13時~14時 授業
1コマの授業となるため、他の教員の授業補助、翌日の授業の準備、事務作業などを行う
○17時 生徒の相談対応・進路・成績などの面談
○18時 退勤

 

気になるのは、このようなスケジュールで働く看護教員が
どのように感じているのかという事ですよね。

実際にこのスケジュールで働く看護教員は、大変な仕事であり、
授業の準備などにも想像以上の時間がかかってしまうと感じているようです。

 

実際に看護学校に通う生徒は、年齢層も幅広く、
中にはこどもが居たり家庭があったりする学生も居ます。

そのような方の成績相談や進路相談が、
時には家庭内の話やこどもの話になってしまうことも。

 

スケジュールを見る限りでは余裕があるようにも思えるのですが、
実際はそんなことはないんですね。