看護教員の募集求人を紹介します!

header
 
caution
看護教員の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、看護教員の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、看護教員の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは看護教員の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「看護教員で働きたい!」「看護教員の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

看護教員の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 看護教員の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 マイナビ看護師

 

実績ある安心のブランド・マイナビが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して看護教員の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 看護教員求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つの転職サイトに登録するのがオススメ

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 看護教員の条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは看護教員の求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


看護教員の募集を行っている学校は多くあります。看護教員の職を探しているという看護師の中でも、見落としがちな部分があります。それは、看護教員として働く上で得られる収入についてなんですね。給料というのは、それぞれの学校ごとに規定があります。非常勤講師として働く場合、時間給となる場合が多いのですが、基本的には月給で支給されることになります。
その給与体系についても、かなり細かい規定が設けられていることがあるんですね。例えば、大学では号俸表というものがあり、あらかじめ基本給が決まっています。これに、交通費・家族手当・資格手当などが加算され、月給が決まるということになります。

学生に対し、看護教員として看護知識や技術を教えていく事が仕事となるのですが、それ以外にも様々な仕事があるんですよ。学生が受験するための段取りや、受験申し込み、資格取得後の進路指導など、これらも看護教員の仕事となります。また、実習の実務研修などがありますよね。この研修についても、実習を引き受けてくれる医療機関に依頼したり、折衝したりします。
このような事が基本給に含まれている場合と、特別手当として支給される場合があるんですね。ですので、給与体系については、しっかりと確認しておくことが大切になりますよ。


看護教員として仕事をするためには、まず学校側に選ばれなくてはなりませんよね。募集要項を見ると、あまり難しい内容は記載されておらず、もしかすると応募してみたら看護教員になれるかもしれない!と感じる看護師もいるかもしれません。ですが、実はかなり細かい採用条件があり、それをクリアすることはとても大変だとされているんです。
看護教員を目指す看護師は多く、競争率も高くなっています。そのため、その中から選ばれるということは、やはり簡単ではありませんよね。そんな細かい条件があるならば、記載しておいて欲しいと感じるかもしれませんが、あまり細かく記載すると、今度は「面倒だな」と思われ応募者が減ってしまいます。学校側としては幅広い人材を集めたいという希望があるため、多くの応募者の中から優秀な人材を選びたいと考えているんですね。

教員募集は、公募という形がとられます。書類などを提出した後、面接試験へと進みます。ここでは学歴や人柄、看護師としてどのようなことを専門としてきたのか、コミュニケーション能力はあるのか、健康状態はどうか、等様々なことが確認されます。看護教員の採用試験を何度も受験しているにも関わらず、内定をもらうことが出来ないという看護師の場合、このような基準に欠ける部分があるということなんですね。
何度も受験しているという看護師は、一度自分を見つめ直し、何が欠けているのかという点を研究してみるといいかもしれません。


看護教員の募集の多くは、公募という形で行われています。この公募は、広く様々な人からの応募を受け付けて、その中から最も優秀な人材を採用するというものになります。特に、看護大学や短大では、公募での教員採用が一般的となっていますよ。ですが、すでに採用該当者が居るにも関わらず、形式上公募の形をとっているというケースも、中にはあるんですね。看護教員として働く場合、看護師としてのスキルがあれば良いという単純なものでは無いんです。
教員として学生に指導・教育するというスキルや、知識の豊富さといったものも求められる事になります。高校の看護科以外では、教員としての客観的な資格が必要ではありませんので、採用側としても様々な分野の人材を募集し、その中から採用するという形をとることが多くなっています。

看護教員の職というのは、決して多くはないんですね。看護師を育成する仕事としてとても重要な存在ですが、実際に看護学校の数自体が多いわけでは無いんです。看護師不足となっている理由の一つとして、看護学校の少なさが挙げられるほどなんですよ。教育の現場で医療を支えていく看護教員は、必要とされている職です。
看護教員自身も経験を積まなくてはなりませんので、新しい看護教員を募集するという学校は多くないんですね。簡単になれる職ではないのですが、チャレンジする甲斐は十分にありますよ。


看護教員として働く場合には、必ず看護教員としての採用試験を受けることになります。この時、同じように採用試験に挑んだ人の中に、看護教員の経験者が居た場合には、未経験者が採用される確立というのはどうしても低くなってしまいます。ですが、その看護学校の卒業生であり、将来的に看護教員として優秀な教員になるかもしれないと見込まれた場合、採用される可能性がありますよ。
未経験者が実際に教員として学生に対して指導をするためには、やはり経験が必要となります。未経験者は不利とも言えますが、教員となり学生に指導していく意気込みがあり、ポテンシャルが高いということを上手くアピールできれば、採用される確立は高くなります。

医療機関は今後増えていくことが予想されます。そうなると、多くの医療従事者が必要となりますよね。つまりそれだけ看護師の需要が増え、看護師を育成する教員の需要も増えることになります。看護学生に指導する際には、ただ教えるというだけではなく、個人としても魅力がある教員でなくてはなりませんよね。
教員になるためのマニュアルを覚え、その通りに採用試験に挑むよりも、個性があり人間的な魅力を持った人の方が、採用されやすいと言えます。もちろん、社会人としてのマナーや、看護師としてのスキルなども併せ持っている事が大切ですよ。

 
看護教員の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの看護教員 転職サイトを見る